意中の人とのLINEのしかたのコツ

意中の人とのLINEのしかたのコツ

 

現代はインターネットをはじめとした通信手段の進化によって、色々な人と手軽かつクイックにコミュニケーション上の繋がりを持てるようになりました。

 

 

少し前まではメールやメッセンジャー、そして特に最近では、LINEがメジャーなツールになっていますね。しかし、いつでもどこでも相手に連絡が取れるからといって、自分よがりに、好き放題連絡を取っているようでは、相手に逆に悪い印象を与えたり避けられてしまう可能性もあります。この記事では、意中の相手の心を掴むためのLINEでの連絡の取り方のコツについて述べていきます。

 

トピックを選別し、メリハリを大切に

 

LINEはチャットツールであり、ネット回線さえ繋がっていればいつでもどこからでも相手にメッセージ、画像、動画などを送ることができます。しかし、メールでのマナーでもそうであるように、相手の都合や心理を考えない送信の仕方では却ってマイナスの印象を与えてしまいます。

 

 

特に男性は女性に比べて干渉されないことを好む傾向がありますし、モテる人は常に他の女性ともLINEなどで繋がっている可能性が高いので、必然的に、日々の「選考」をいかに勝ち抜くかが重要になっています。筆者としては、一番大切なのは、「トピック」「メリハリ」であると考えています。

 

 

相手の気を引きたいがために、ただの挨拶や「好き」といったあまり内容のないメッセージばかりを送るのは、あまり得策とはいえません。逆に、今日何をした、こんな発見があった、という、自分の「リアル」を伝えるような方法が望ましいと考えます。人は、他人に「属性付け」をすることで、人を区別する性質があります。

 

 

例えば、タレントの福士蒼汰さんなら「イケメン」「仮面ライダーの主役」といったように、各々がキャラ付けをして区別するのです。ですので、「そういえば、この人こんな食べ物が好きだったな」「この前あそこに行っていたな」というように、相手の印象付けをすることで、相手にとって印象深い一人になることを目指すのです。

 

 

レスポンスが早くなったり、より具体的な感想が返って占めたもので、この段階になると、単純な挨拶ですら相手にとっては意味を持つようになります。しかしこれで安心してはいけません。次に注意することは、会話の仕方に「メリハリ」を付けることです。

 

相手の行動パターンがわかれば、仕事帰りとみられる時間帯や、休日などにメッセージ送信の重きを置きましょう。相手からレスポンスがないときは、用事があるか一人でいたいときなので頻繁には送らず、レスポンスが早いときこそがチャンスです!

 

親密になるために、普段より多めにメッセージを送り、自分をアピールしましょう。一番のオススメは、「相談」形式です。悩んでいることなどを打ち明けて、お互いによき相談相手となれれば、一気に距離は縮まります。向こうからも相談が来るようになったらベストです。

 

 

あとは、リアルでも会える仲になれば、相手にとっての友達、恋人、になれるのは時間の問題でしょう。

 

 

 

以上、筆者の経験からLINEで意中の人へのアプローチをする方法について記述しました。大切なのは、相手を思いやる心と、相手と自分の関係を客観視できる「視野」だと考えます。好きになると夢中になりがちですが、だからこそ、少しだけ冷静になって相手と向き合ってみてください!